省エネと共に公害防止用 表面処理・化学工業向 MAT マートボール | TG BRAND 新世代商品 | 熱関連品

放熱を70〜98%カット
谷口ヒーターズは薬液加熱ヒーターメーカーとして、1975年、“省エネ”のために「マートボール」を開発・販売しました。 その後、公害防止用としての活用が増え、化学薬液、液温など用途に合う種類を増やしています。
NEWモデル
2017年9月、フッ素樹脂(高純度PFA)製の
マートフロロボール を新発売!
  • エネルギー節約
  • 節電・コストダウン
  • 材料の節約
  • 凍結防止効果
  • 公害環境対策
  • 液の飛散減少
  • 臭気・有害ガス防止
  • 作業環境の安全衛生
マートボールは、プラスチック樹脂をブロー成形で中空球体にした耐薬品性・耐寒性・耐熱性のある、軽くて丈夫な液面フローティングボールです。金属の酸洗い・薬液調合・高温洗浄などで槽内の薬液に浮かべて使用されますが、汚水槽・溜池等の臭気防止にも採用されるようになりました。
液面をマートボールで被覆すると、液が保温され高い省エネ効果が得られます。また、被覆により液の飛散が減少しますので、材料を節約でき、ミスト・ガス・臭気などを防ぐ効果もあります。これにより、建物の鉄骨類や機械等の腐蝕を最小限に抑えられ、さらに、働く人の安全と衛生の保全を図ります。

歴史

谷口ヒーターズは、長い開発販売の中で、
品質を向上させてきました。

初期の頃は、PP製のフローティングボール製造の最終工程に手作業工程がありましたが、プラスチックボールの海外企業との製法特許提携により球体が片よらないなど品質を向上させてきました。

1996年、円盤型のボールを開発しました。

材質はマートボールMATと同じPP製ですが、ボールの回転によって薬液が外気に触れるのを避けるために、形状は円盤《UFO》型です。

MAT
《乳白色PP製》

球体型の図

《球体型》

規格サイズは直径10,20,40,50,70o

ポリプロピレン製で、0〜110℃の連続作業に耐える ことができます。

NEW 新規格サイズの直径7mmはポリエチレン(PE)製で、 使用温度は0〜80℃です。

MATUFO
《乳白色PP製》

円盤形の図

《円盤型》

【特性】

円盤型は球体と違って液上で回転しないので、薬液が外気に触れることを抑える効果があります。
球体より重量があるので液面で安定。

マートフロロボール

画期的新製品

MATUFO
《乳白色PP製》

ブロー成形のマルイチ藤井社の技術協力により 世界で初めて高純度PFA(フッ素樹脂)製一体形の円盤型中空ボールを商品化しました。
特性
  • 繰り返し使用出来る耐久性
  • 強酸や強アルカリ液への耐薬性が高い
  • 添加剤を一切含まない高純度PFA原料を使用
  • 金属イオンの溶出が懸念される薬液に適用
  • 超低温(-50℃)および高温(150℃)向
マートフロロボール写真 NEW

《円盤型》


強酸・強アルカリ・超純水向
フッ化物含有クロームメッキ液など

マイナス50℃から150℃の連続作業に耐えることができます。